東谷津レポート その221

2019.4.2(火) 岡登 9:00〜12:00   

 

吾妻峡・本郷・天覧入り
寒暖差の激しいのが春の気候の特徴ですが、肌寒い日が続きます。気が付いてみると田んぼのカエルの声がアカガエルからシュレーゲルアオガエルに代わっていました。アカガエルの産卵期には、ノスリやイタチがやってきてカエル食べたようです。山の中では、酸っぱい匂いが漂っています。ヒサカキの花の匂いです。


本郷の川べりには、ヤナギの仲間が咲いています。葉と花が同時に開きます。




木の花は、イチゴの仲間のモミジイチゴも満開です。




小さな花の代表格は、ヒメウズでしょう。




吾妻峡の早春のスターは、アズマイチゲでしょうか。




ブルーの花は、ヤマエンゴサクです。今年も咲いてくれました。




春の仲間たちとこれから楽しい時間を過ごしましょう。